“「理系学部の男子」と「女子の憧れる理系男子」はJavaとJavaScriptぐらい違うし、これが理解出来たあなたは残念ながら間違いなく前者。”

お酒の席で、上司が「それにしても、最近のパソコンは便利になったよなあ。それに比べて昔のパソコンは……」なんて言い出したら、それは自慢を語りたいというサイン。まずは「課長が最初にパソコンを使い始めたのって、いつ頃なんですか?」と話を振ってあげましょう。

「まだウィンドウズ95が出る前だったから、かれこれ17、18年前かな」とか何とか遠い目で答えてくれたら、とりあえずは「すごいですねー」と驚いてから、「そのころのパソコンって、どういう感じだったんですか?」と食いつきます。

 気分よく話してもらう呼び水として、あえて「えっ、それってワープロじゃないんですか?」「パソコンって、そんなに昔からあったんですか?」などと軽くボケておくのも、部下としての思いやり。

 たとえ中途半端に知識があったとしても、「ああ、初期のマックが話題になったり、富士通やNECが当時としては画期的なマシンを出したりしてたころですね」といった実のある話をするのはタブー。

 せっかく上司が「あの頃はマックが……」と話して、部下に「へえー」と感心してもらおうとしているのに、先に言ってしまったら気の毒です。

 たぶん、そのあとは「ウィンドウズ95が登場したときの衝撃」や「ダイヤルアップ接続の面倒臭さ」といった話を繰り出してくれるでしょう。今となっては「それがどうした」という話ですけど、まさかそうは言えません。