「本人の前で同じことを言えないなら悪口」

これに尽きる。

多くのコミュ障の方が見落としておられる事実を予め指摘しておきたい。

「人間の大半はコミュ障である」

まずはこの事実を認識して欲しい。

コミュニケーション能力などは、※高田屋嘉兵衛レヴェルに達して初めて能力として評価される分野であって、大抵の人間にコミュニケーション能力は備わっていない。

上長との人間関係が円滑に構築できない責任の一端は貴方にある。

何故なら、相手のコミュニケーション能力の乏しさを斟酌出来ていないからだ。

厳しい言い方になって申し訳ないが、

「私はコミュ障だから人間関係が上手く行きません」

と云うのは逃げ口上に過ぎない。

無意識のうちに、相手がコミュニケーション能力を保有している事に期待しているから、

身勝手にも、相手から自分に配慮してくれる可能性に依存しているから、

無遠慮にも自分を「コミュ障」と自称してしまっているのである。

人間はみんなコミュ障なのだから、上司・先輩のコミュ障は貴方が補ってやらねばならない。

それが社会人としての仁義である。

“おっぱいが大きくなるかどうかは、大きくなるときのホルモン分泌に関わるんです。思春期に大きなストレスがあった人は分泌がうまくいかなくて、控えめになりやすい。だから控えめなおっぱいには優しくすべきです。”